クレジットカード現金化と金券ショップによる換金とではお得なのはどちら

クレジットカードを使ってお金を作る方法には、クレジットカード現金化業者の利用や、金券ショップの利用などが一般的です。クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使います。100万円の枠が残っていれば、それで物を購入させ、買い取り、もしくはキャッシュバックといった形で、9割から8割程度の現金を作る方法です。イメージとしては自分で物を買って質屋にもっていったり転売してお金を作ったといったものですが、業者の場合はシステム化していますので、スムーズに事が運び、利用者にとっては「手数料を引かれてすぐに現金ができた」といった印象になります。店舗型もありますし、ネット完結できる業者もあります、使い勝手によって選べるようになりました。利用者にとってはますます便利な換金方法として人気が高まっています。このような業者が出てくる前までは、換金性の高いチケットや品物を購入して、金券ショップで売る方法が人気でした。不景気になると金券ショップからチケットその他を購入する人も増えますので、今でも需要と供給のバランスはよく、換金率としては上々です。ものによっては95%の換金率のものもありますので、お得感は高くなります。

クレジットカード現金化と金券ショップの利用は、どちらも8割から9割程度の換金率が見込めますので、お得です。ただし、金券ショップの場合には「日々相場が変動する」といった面もあります。もちろん相場が売り手にとって有利に働けば、クレジットカード現金化の換金率を上回るときもあります。しかし購入するものを間違えてしまったり、相場の動きが不利なものであったりすれば、それ以下になってしまうこともあるわけです。例えば普段は9割で買い取ってもらえる路線の新幹線回数券であっても、その時に売り手が集中すれば相場が下がってしまいます。1日売りに行くのが遅れただけで、買い取り価格が下がる場合もあります。わざわざ店舗に赴くのが面倒だというときには、郵送したり宅配便を利用するなどして対象のチケットや物品を店舗へ送り、到着してからの振り込みになりますので、それだけタイムラグもできてしまいます。そういった手間も加味し、それでもこちらのほうが得だというときも確かにあります。換金率の確実性が高く、スピーディーなクレジットカード現金化にするか、金券ショップを利用するかは、利用者の選択になります。どちらが得かも、利用者の状況で変わってくるでしょう。

携帯料金の現金化・換金は三つ葉STOREへ